怒涛のにゃんこだいしゃりん

いぶしぎん と とりサブレ 二人の現役CGデザイナーの日常を描くブログ。タメになる話や雑談まで、あまり気にしないで書くトコロ

スポンサードリンク

変態とんかつへ

こんにちはいぶしぎんです。

 

「変態とんかつに行きたい。」

 

最近のとりサブレの口癖でした。

 

変態とんかつとは、高田馬場の成蔵のことです。

 

テレビで見てから半年。結構言っていました。

ただ、日曜定休、非常に並ぶということでなかなか行けずにいましたが、今回ついに言ってまいりました。

 

 

9時40分到着

すでに先行が3名。それでも4−5番目であれば、一巡目で食べられるので一安心。

f:id:rikahayu:20180728095253j:plain

 

途中、人数確認と、先に注文をとっていただけます。

どんどんと並んでいる人は増えていき、開店前には50人近く並んでおりました。

 

 

回転ちょい前にお店に入れていただき、クーラーの効いた店内で待つことしばし。

f:id:rikahayu:20180728110115j:plain

 

出てまいりました。

今回は、とりサブレは雪室熟成豚の特上ロース、いぶしぎんは煌麦豚の特上ロースを奮発。

早速いただきます!

 

 

うまい!

うん、これはうまい!!!

ふたりともウッキウキでパクツキます!

お互い一切れずつ交換し、美味い美味いと食べ続けます。

 

・・・・ん?

 

・・・・・・・ぬ?

 

途中から徐々に無言になる二人。明らかに食べるペースが落ちます。

 

なんとか完食し、お店をあとにします。

 

お店から、駅に向かう途中、こんなにグロッキーになったのは初めてです。

 

 

このお店の売りは、低温で揚げることです。

低温でゆっくり揚げることで、ギリギリの火加減で火が通ったタイミングでいただくので、柔らかく、かつ非常にジューシーで、大変美味しいです。

雪室熟成豚、煌麦豚ともに、非常に美味しいお肉でございました。

旨味の雪室熟成豚、脂の甘味の煌麦豚でしょうか・・・・。

肉質、油の甘み、柔らかさ、とても美味しい肉でした。

 

 

しかし。

 

しかしです。

 

低温でゆっくり揚げるため、厚めの衣が非常に油を吸っています。

 

肉にも染み込んでしまっているようで、とても油がきつい。

 

脂身の多い肉と、油を吸った衣、染み込んだ揚げ油が合わさると・・・。

 

 

揚げ物は大好きです!

天ぷらどんとこいです!

アヒージョもたまらんです!

油そばなんて本当にたまりません。

 

ただ、そんな二人でも、この油は厳しい。

とりサブレはまだ平気でしたが、わたくしは半ばグロッキー状態です。

しかも、低温あげは豚特有の臭みがどうしても抜けず・・・・。

日が悪かった、という可能性もあるのですが、

結果二人としては星2つくらいですかね・・・。

 

 

 

はい、でも食べれて満足です!

知れてよかったです!

食べたことない方はぜひ!!!