怒涛のにゃんこだいしゃりん

いぶしぎん と とりサブレ 二人の現役CGデザイナーの日常を描くブログ。タメになる話や雑談まで、あまり気にしないで書くトコロ

スポンサードリンク

鱒ストック

こんにちわ、いぶしぎんです。

 

うちには鱒ストックと言う言葉があります。

 

、、、あると思います。

 

、、、俺が言ってるだけかもですが。

 

 

 

まぁともかく。

 

釣って来た鱒は捌かれ、下処理された後冷凍庫に入っていきます。

 

もちろん、全て持って帰るなんてしてませんよ。

 

大きいものを中心に、1割以下です。

 

持って帰らない日の方が、多いですから。

 

もちろん持ち帰ったその日にも食べますが、何匹も食えるものではないので、

 

必然的に溜まっていきます。

 

大きいものは捌いて小分けにして。

 

小さいものは数匹ずつ。

 

料理しやすいようにして冷凍いたします。

 

何回かは貰ってもらいましたか、

 

それでも、練馬サーモンクラスや、デカ虹を釣ると、

 

いきなり冷凍庫のストックが増えてしまいます。

 

そう、

 

その冷凍庫にある鱒のストックこそ、

 

今問題の鱒ストックです。

 

いぶしぎんは、無類の魚好きですが、

 

とりサブレは、無類の肉食です。

 

ので、流石にみるみる減ったりしません。

 

冷凍庫の鱒残量を見たとりサブレから、

 

釣っても持って帰ってくんな的なお話を

 

やんわり頂くくらい溜まっております。

 

 

さて、本日も鱒を消費すべく、

 

塩焼きにして見ました。

f:id:rikahayu:20180405072133j:image

 

グリルに入らないので、あたまを落とし、

 

じっくりと焼いて見ました。

 

皿が小さいのではありません。

 

わかりにくいのですが、

 

魚が大きいのです。

 

皮は焦げてますか、

 

身はふっくらとしていて、とても美味しいですよ。

 

これで、一匹減!

 

 

 

 

ただ、そんなんでは減った感じもしない、

 

ウチの鱒ストックなのでした。